ドローイン(腹式呼吸)の方法(動画)

ドローインサムネイル

当院は運動療法を中心になるべくお薬や装具などに頼らずに痛みを取る治療法を行なっています。
運動療法は平たく言えば体操です。
筋力トレーニングはしっかりとしたやり方があります。やり方が間違っていたらどれだけ頑張ってやっていたとしても意味がありません。なんでもそうですが注意点がいくつかあり、それらをちゃんとクリアしていかないといけませんし、繰り返し行なっていかないとなかなか効果が出ないです。
今回はそんな基本的な体操のなかでも最も重要なトレーニング、ドローイン(腹式呼吸)です。

腰痛予防の基本的な体操です

腰や股関節のトラブルで受診されている患者さんに必ずお伝えしている体操です。
腰痛や股関節の痛みの原因の多くは体幹の筋力の低下です。腰椎や股関節を守る筋肉をつけないと、骨や椎間板や軟骨に負担がかかってしまい、痛みがでます。
また腰痛の原因の一つに背骨が常に反っていることがあげられます。ドローインをすることにより、背骨がまっすぐな状態で安定するので痛みが軽減されます。

うまくいかなくてもあきらめない

患者さんのなかにはなかなかうまくできずに根を上げるかたもいらっしゃいますが、大丈夫です!

ドローインがうまくできてないから腰が痛くて当院にかかってるわけですからできなくて当然です!

できていたら腰も痛くないので当院にかかる必要性もないです。
できるようになるまで繰り返し繰り返しやりましょう。できるようになるまでつきあいます。

いつでもどこでもどんなときでも

当院では「いつでもどこでもどんなときでも」できる運動を中心に治療を行なっています。
慢性的な痛みの原因は生活習慣にあります。痛みを抑える運動を日常生活に組み入れていただき「気がついたら腰痛の予防の運動をしている」のが理想です。
動画では横になった状態での運動方法についての説明ですが、横になった状態で問題なく行えるようになったら、座った状態、立った状態でも行えるように訓練しましょう。
「ちょっとした暇な時間(デスクワークをしながら、テレビを見ながらなど)にドローインを1回でも多く行う、気がついたらドローインをしていた。」という状況が理想的と考えています。
高価な健康器具や健康食品を買う前にまず当院で習った運動をやってみてください。もしそれで症状がよくなったら、無用な健康器具などを買わずに美味しいものでも食べに行かれてはどうでしょうか?

Youtubeを見ればばっちり!

・・・となれば良いのですが、実際は専門家にちゃんとチェックしてもらわなければ「正しいフォームで」行うことは難しいです。
自信満々に「YouTubeみて練習した」と外来でおっしゃられる患者さんって結構いらっしゃるのですが、できてる人ゼロです。
とにかくできるまで繰り返し療法士やトレーナーに確認してもらいましょう。お仕事などで通院が難しいかもしれませんが結局は安上がりになりますし、一生涯の通院回数は減ります。

関連記事

  1. 五十肩830×510_1

    五十肩

  2. 腰痛 830×510

    腰痛

  3. 変形性膝関節症830×510

    変形性膝関節症の原因と治療

診療カレンダー

2023年 1月
1
2
3
4
5
6
7
年末年始休業
8
9
10
11
12
13
14
診療日&休日当番医
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
代診
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4

休診日

PAGE TOP