育児中の患者さんへ

育児中の患者さんへ_830×510

育児中に腰が痛くなった、手が痛くなった、などで受診される患者さんがいらっしゃいます。
周産期は女性ホルモンのバランスが変化するため腱鞘炎などになりやすくなります。また、中腰での作業が増えるため、腰痛もおこりやすくなります。

「リハビリをうけたいけど子供を預けることができない」ちょうど5か月ぐらいのお子さんをお持ちのお母さんの声がきっかけでした。
「なんとか預かることはできないか?」と考えてはみたのですが、今の世の中善意で預かったとしてもなにかトラブルが起こった時のことを考えておかなければなりません。

(あってはならないことですが)お子さんをお預かりしたときに、万が一のことが起こったとしても対応できるような保険に加入することにしました。

当院で検査や治療をうけていただいている間、保険代や職員の人件費などの保証のため見守り料として300円/1回いただきます。
一度に複数のお子さんを預けても同様の金額です。未就学児までとします。
混雑する時間帯などで対応できるスタッフがいない場合はしばらくお待ちいただく場合がございます。ご了承ください。

関連記事

  1. 臨時休診日をいただきました

  2. 4月からの診療体制_830×510

    令和6年4月からの診療体制について

  3. 臨時代診 830×510

    臨時代診でご迷惑をおかけしました

  4. お知らせ830× 510

    HPリニューアルしました!

  5. 戦国診察室2 830×510

    本の紹介

  6. 拡張工事を行います_830×510

    拡張工事を行います

PAGE TOP